「黒いつばめ」17年ぶり“西鹿児島”へ 在来特急として東シナ海沿いを行く

787系、おれんじ鉄道を走る!

在来特急「つばめ」が17年ぶりに

Large 211117 jrdoor 01

拡大画像

特急形787系電車(2012年、恵 知仁撮影)。

 JR九州の特急形電車787系が、特急「つばめ」として博多~鹿児島中央間を走ります。

 JR九州などが主催するツアー「懐かしの787系つばめ号のたび」が、2021年12月11日(土)と翌12日(日)に行われます。この際、団体臨時列車として787系が使われます。内容は次の通りです。

○行程
・12/11発:博多9:01頃発→八代→川内→鹿児島中央16:34頃着(博多・熊本発/鹿児島中央着)
・12/12発:鹿児島中央9:10頃発→川内→八代→博多15:37頃着(鹿児島中央発/熊本・博多着)

○旅行代金(大人・子ども同額)
普通席 山側3万円~グリーン個室12万円など

○最少催行人員
各日180人

○申し込み
2021年11月18日(木)午前9時半から、JR九州トラベルデスクの予約サイトで開始

 列車名としての特急「つばめ」が博多~鹿児島中央間を走るのは、九州新幹線が先行開業した2004(平成16)年3月以来17年ぶり。それ以前、鹿児島中央駅は「西鹿児島駅」を名乗っていました。また、途中の八代~川内間は肥薩おれんじ鉄道線を通ります。

 ツアーの参加にあたり、新型コロナウイルス感染防止のため、健康チェックシートの提出やマスク着用などが求められます。なお、参加者全員に記念乗車証が贈呈されます。

※一部修正しました(11月17日18時52分)。

【了】

【行程の詳細】ツアー「懐かしの787系つばめ号のたび」

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. 一方、あと2年ほどで、この列車は長崎駅に行けなくなってしまう。