こりゃ激快適! ANAの787で初「全席個人モニター付き国内線仕様機」誕生 あす就航

充電もラックラクですわ!テンション上がる!

外観もちょっと違う?

 ANA(全日空)が2021年12月9日(木)から、国内線にボーイング787-9新仕様機を路線に投入します。ボーイング787国内線仕様機では、初めて普通席含む全席にパーソナルモニター付きのシートを装備します(これまでモニターを装備した787国際線仕様機が国内線へ投入されていたケースはあり)。

 就航前日の8日(水)、報道陣に向け、新仕様の機内(機番:JA936A)が公開されました。

Large 01

拡大画像

ANA「ボーイング787-9国内線新仕様機」の普通席(2021年12月8日、乗りものニュース編集部撮影)。

 新たな仕様となったボーイング787-9国内線仕様機は、2クラス375席。プレミアムクラス 28席、そして普通席347席を備えます。

 普通席は、2019年秋にボーイング777-200国内線仕様機の一部へ導入された新シートをベースに、各種改修を加えたもの(現在777は運航一時停止中)。開発にはトヨタ紡織社も携わり「自動車シートで培った人間工学に基づく技術とANAがもつ航空機シートの安全性や快適性のノウハウを詰め込んだ Japan Quality を追求したシート」とのことで、担当者も「実際の便で、長い時間座っていただけば違いを感じていただけるはず」と話します。

 なお、普通席の外観は従来のものと共通の青ベースの配色となっているものの、シートごとに異なる4種類の柄のファブリックを採用しているのが特徴といいます。ただ、これまでの普通席との大きな違いはシートの背側にあります。

【超ハイテク】ANA「78G」の普通席を写真で徹底解剖(19枚)

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. 国際線仕様の787で国内線モニター体験したけど、映像少なくて普通の機材でやってる映像番組くらい。ゲームも何もなくて残念だった。新しいのはどんな事ができるのかな?