「手を離しても…」ボーイング787のスゴさとは 767&A320と比べると? ANA乗員4人に聞く

ANAがローンチカスタマーとして開発に携わった旅客機「ボーイング787」が就航10周年を迎えました。この機にはどのような特徴があるのでしょうか。4人の乗員に、その特徴や強みを聞くことができました。

計4名の乗員に聞く「ボーイング787」

 ANA(全日空)がローンチカスタマー(初期発注者)として開発に携わり、就航を開始した旅客機「ボーイング787」は、2021年で就航10周年を迎えました。パイロットやCA(客室乗務員)から見ると、どのような飛行機なのでしょうか。787に携わるパイロットやCA、計4名に聞きました。

Large 01

拡大画像

那覇空港に着陸するボーイング787(乗りものニュース編集部撮影)。

 ボーイング767のパイロットを経て、2017(平成29)年から787の操縦かんを握ることとなった大野 翼副操縦士は、767と比べ、787の進化を次のように話します。

「操縦性や快適性は787は格段にあがっていると思います。一度訓練で教官に『手を離してみて』といわれてやってみところ、まっすぐ飛ぶのです。システム的にアシストしてくれることで、安全性の高い飛行機になっていると思います。787は、自動車でいえば高級セダンのようなイメージです」(大野 翼副操縦士)

 787の操縦では、767などの前世代旅客機と異なる操縦システムが用いられています。それがパイロットの操作を電気信号でコントロールする「フライ・バイ・ワイヤ」。同技術を搭載した旅客機としては、欧州・エアバス社の「A320」がよく知られています。

 エアバス社と787の「フライ・バイ・ワイヤ」とは、どのような差があるのでしょうか。

【写真レポ】日本でたった2機! ANAの「超長~い787」に潜入(23枚)

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント