北陸新幹線「芦原温泉駅」姿を現す “温泉街らしさ”表現 どんな駅に?

この寒い時期に行きたいですね~♪

福井・北の在来線乗り換え駅

 北陸新幹線の芦原温泉駅(福井県あわら市)が、まもなく完成します。2021年12月15日(水)までに、東側駅舎中央部の外部足場(一部を除く)が解体され、東側の駅名標が確認できるようになる見込みです。

Large 211214 awara 01

拡大画像

新幹線芦原温泉駅イメージ(画像:JRTT鉄道・運輸機構)。

 駅舎は、「あわらの大地に湧き出いでる贅の駅」をデザインコンセプトとして、木調を多用し和のイメージを強調。コンコースは間接照明を施した折り上げ天井をデザインしたほか、ホームの待合室も温泉街らしさをイメージしたデザインにしているそうです。

 今後は西側駅舎中央部の外部足場を解体し、内装や施設工事を進めるということです。

【了】

【ほっこりする感じ?】駅舎内部の画像で見る

最新記事

コメント