初捕捉! 富士山麓を疾走する陸自のフィンランド製戦闘車「AMV XP」どんな車両?

2021年12月、陸上自衛隊富士駐屯地のなかを走る外国製装甲車の姿が捉えられました。車種はフィンランド製「AMV XP」。陸上自衛隊が選定を進める次期装輪装甲車の候補車両です。

採用されるか北欧生まれの大型装甲車

 2021年12月某日、静岡県小山町に所在する陸上自衛隊富士学校のグラウンドにおいて、フィンランド製8輪装甲車「AMV XP」のトライアル走行が行われていました。

 陸上自衛隊は現在運用中の「96式装輪装甲車」の後継として次世代の装輪装甲車を導入する計画で、そのために三菱製の「機動装甲車(仮)」とパトリア(フィンランド)製の「AMV XP」、この2車種による比較試験を実施している最中です。

Large 211213 amv 01

拡大画像

静岡県にある陸上自衛隊富士学校のグラウンドを走る陸上自衛隊仕様のパトリア製「AMV XP」装輪装甲車(武若雅哉撮影)。

 今回、目撃された「AMV XP」は、乗員2名の他に12名の隊員を搭乗させることが可能です。陸上自衛隊の普通科部隊、いわゆる歩兵部隊では、おおむね10人程度で1コ分隊としているため、「AMV XP」は1両で普通科1コ分隊以上、2両で3コ分隊程度の隊員数を乗車させることが可能です。

 現用の96式装輪装甲車も、乗員2名の他に12名の隊員を乗せられるように設計されているため、「AMV XP」ならば96式装輪装甲車と同じような運用が可能です。そのため、現在の部隊運用に与える影響は整備作業など必要最小限に抑えられるでしょう。

【激写!】陸自仕様のパトリア「AMV XP」を横から後ろから

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント