「のぞみ」1両どう使う? JR東海がアイデア募集中 東京~新大阪の片道を貸切

1人でもグループでも応募OK!

「のぞみ」運行開始30年を記念し

Large 211217 eiden 01

拡大画像

スプリンクラーの散水を受けながら米原駅を通過するN700系新幹線(恵 知仁撮影)。

 JR東海が翌2022年3月ごろ、東海道新幹線の速達列車「のぞみ」1両を無料で貸し出す企画を実施。その利用にかかるアイデアを、2022年1月7日(金)正午まで募集しています。

 これは翌年、「のぞみ」が運行開始から30年を迎えることを記念して行われるものです。1人でもグループでも応募でき、東京~新大阪間の片道を貸し切れます。応募方法は次の通りです。

○Twitterの場合
「『のぞみ』号30周年アカウント」をフォローのうえ、指定の投稿に対してハッシュタグ「#のぞみ30周年」を付け、「叶えたい“のぞみ”」を引用リツイート

○メールの場合
専用アドレスに「叶えたい“のぞみ”」をメール送信

 JR東海は「新幹線車両という特別な空間で、ご家族や大切な仲間との思い出に残る特別なイベントを行うなど、お客さまの自由な発想で、かけがえのない時間を過ごすためにご利用いただきたいという思いを込めて企画しました。たくさんの素敵なアイデアをお待ちしています」としています。

 ちなみに東京~新大阪間を「のぞみ」の自由席で移動すると、大人片道で計1万3870円かかります。

【了】

【写真】貸切「のぞみ」車内のイメージ

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. 運賃を安くする