ロールス・ロイス&IHI 将来戦闘機用エンジンの実証機を共同開発へ

防衛省も英防衛当局とエンジンの共同実証事業を来年1月から開始と発表。

イギリス国防大臣は歓迎するとの声明を発表

 ロールス・ロイスは2021年12月22日(水)、次期戦闘機用エンジン実証機(デモンストレーター)の開発・提供を、IHIと共同で実施すると発表しました。

 ロールス・ロイスは、本エンジンの実証プログラムに関して、日本とイギリスの両国において将来、必要とされる戦闘機を開発するための重要な一歩と定めており、開発した暁には日本とイギリス両国において数百名の雇用を創出することにつながる可能性があるといいます。

 エンジン実証機の共同開発は来年、すなわち2022年初頭から開始する予定だそうで、イギリスは計画、デジタル設計、革新的な製造開発に3000万ポンド(日本円で約45億円)の初期投資を行うとのこと。その後、さらに2億ポンド(同約303億円)の資金を投入して実物大の実証機を開発するとしています。

Large 211222 rrihi 01

拡大画像

イギリスが開発を進める将来戦闘機「テンペスト」のイメージCG(画像:チームテンペスト)。

 ロールス・ロイス防衛部門の事業開発・フューチャープログラム担当エグゼクティブ・バイスプレジデントであるアレクサンダー・ジノ氏によると、「ロールス・ロイスの様々な部門が、長年にわたって日本の顧客や産業界パートナーと価値ある関係を築いてきました。日英の業界チームは、両国の将来戦闘機の要件を満たすべく、互いの技術を補完しあい、よりクリーンな次世代動力と推進力を促進する技術を提供します。共同エンジンの実証プログラムは、世界最高の戦闘航空能力を結集する期待に満ちた喜ばしい機会であり、また、防衛航空宇宙産業の将来を支える革新的な重要技術の開発を可能にするものです」とコメントしています。

 また、今回のロールス・ロイスとIHIの共同開発発表について、イギリスのベン・ウォレス国防大臣は「インド太平洋地域におけるパートナーシップの強化は戦略的優先事項であり、アジアで最も近しい安全保障パートナーの一つである日本との関係強化は歓迎すべきことです。同じ志を持つ国と協力することは不可欠であり、両国の技術力と産業力を活かして、次世代の戦闘機技術を通じて幅広いパートナーシップを模索していきます」との声明を発表しています。

 なお、日本の防衛省も同日付けで、イギリス防衛当局とともにエンジンの共同実証事業を2022年1月から開始することを明らかにしています。

【了】

【ひと足早く日の丸を掲揚】日英両国旗が掲げられた「テンペスト」ブースほか

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント