これ原付!? ホンダ「マグナ」50cc&250cc 小さなゴツめのアメリカンバイク

バイクブームな昨今、250cc以下の小型バイクが注目されています。なかでもホンダ「レブル250」が女性からの支持も得て好調ですが、かつて同様のアメリカンスタイルで50ccまでラインアップされていたホンダのバイクが「マグナ」です。

ホンダのアメリカンといえば…? 小さいほうのマグナを振り返る

 昨今はバイクブーム、特に小型バイクが人気です。全国軽自動車協会連合会によると、2021年度上半期(4~9月)の軽二輪車新車販売台数は4万6326台で3年連続のプラス。特に人気の車種となっているホンダ「レブル250」は、2020年の販売台数が1万台を超えるなど、ベストセラーを記録しています。

 レブル250は、アメリカンなクルーザースタイルを小型バイクに落とし込んだ姿が人気のひとつとなっていますが、かつてホンダでは、250ccのほか50cc原付までラインアップされていたアメリカンなシリーズがありました。それが「マグナ」です。

Large 211221 magna 01

拡大画像

マグナ50(画像:ホンダ)。

 マグナで最初に登場したのは、1982(昭和57)年に発売された排気量750ccの水冷V型4気筒エンジンを搭載した「VF750マグナ」。その後、デザインはそのままにスケール感だけ小さくした250ccと50ccのラインナップも加わり、特にこれら小型の2モデルは、その排気量に見合わない本格的なアメリカンスタイルが人気となります。当時、ホンダには原付アメリカン「ジャズ」もありましたが、のちに50ccクラスのアメリカンは「マグナ50」だけとなり、その存在感はより際立っていました。

 小型バイクが人気の今、今回はその250ccと50ccのマグナを振り返ってみます。

【50~250~750cc】マグナシリーズともう一つの原付アメリカン「ジャズ」を写真で見る

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

2件のコメント

  1. マグナキッド君だね。

  2. 何故V45マグナを飛ばすんだよ
    歴代一番格好いいだろ