「のぞみ」来年も「お子さま連れ専用車両」設定 約2か月で100本 JR東海道新幹線

「こだま」、年末年始と来てどう拡充されるか。

大人1人&子ども1人~乗車可

Large 211122 eiden 01
雪の中を走る東海道新幹線のN700系(画像:PIXTA)。

 JR東海道新幹線の速達列車「のぞみ」に、翌2022年2月11日(金・祝)から4月24日(日)までの土休日、「お子さま連れ専用車両」が設定されます。この車両は10月の土休日から「こだま」に、年末年始は「のぞみ」にも設定されており、大人1人以上と乳幼児を含む小学生以下の子ども1人以上で購入できるもの。周囲に気兼ねなく乗車できます。

 運行区間は東京~新大阪間。1日上下各2本、合計100本の「のぞみ」が対象で、車両は6号車です。2月27日(日)までは、上り・下りとも午前中と日中に、東京・新大阪をそれぞれ発車します。3月以降のダイヤは決定次第、ウェブサイトで告知されます。

 ジェイアール東海ツアーズの旅行商品として発売され、例えば東京~新大阪間を移動すると大人1万4000円、子ども7100円(通常期、同区間の大人は1万4720円、子どもは7350円)です。1人に1枚「1ドリンク引換券」が付きます。

 販売は翌2022年1月27日(木)から、ジェイアール東海ツアーズのウェブサイトや主な支店で行われます。申込み締切は出発日の4日前までです。

【了】

【時刻&値段】「お子さま連れ専用車両」

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. 雪に備えて関ヶ原あたりの軌道にシェルターを設けるという考えはないようです。