【空から撮った鉄道】関東地区では身近な国鉄型特急電車185系の点描

185系電車は関東地区にとっては身近な国鉄型特急車両でした。つい最近まで特急「踊り子号」に使用され、窓の開く国鉄型の特急電車と、じわじわと人気が出た車両です。今回は定期運行をしていたころに出会った185系の点描です。

この記事の目次

・通勤列車での使用も想定した特急形電車
・直流区間のあちらこちらで遭遇
・撮影時は引退とは無縁だったけれど…

【画像枚数】全17枚

通勤列車での使用も想定した特急形電車

 JRとなってからもう30年が過ぎ、国鉄型と言われた車両は次々と鬼籍に入っていきました。とくに関東地区の通勤形・近郊形の国鉄型車両はこの10年で淘汰され、「E」の符号が形式につけられる新型車両に置き換わっています。

 しかし2021年3月のダイヤ改正まで、特急「踊り子号」は185系が使用されていました。185系は国鉄が通勤と特急の双方に使用するべく設計し、1981(昭和56)年にデビューした直流特急電車で、当時としては斬新なグリーンストライプのカラーリング。側窓は開閉式、ドアは普通列車で使用することを考慮して広くなりました。

Large 211213 185 01

拡大画像

当時の田町車両センターに憩う185系。185系は湘南色のブロック塗装で東海道本線の普通列車は211系が主流のころ。京浜東北線は209系が使用されていた(2008年7月15日、吉永陽一撮影)。

 国鉄初の通勤&特急併用の車両として、特急の間合いで普通列車にも使用されました。東北新幹線の大宮駅暫定開業のときは、上野~大宮間の「新幹線リレー号」、急行の格上げで誕生した「新特急」用の運用、朝夕の通勤着席サービス列車「湘南ライナー」、最近では快速夜行列車「ムーンライトながら」、ときにはクロ157-1を連結したお召し列車にも活躍。定期特急、快速夜行、普通運用、お召し列車と、八面六臂な活躍をしてきました。

直流区間のあちらこちらで遭遇

残り811文字

この続きは有料会員登録をすると読むことができます。

2週間無料で登録する

Writer: 吉永陽一(写真作家)

1977年、東京都生まれ。大阪芸術大学写真学科卒業後、建築模型製作会社スタッフを経て空撮会社へ。フリーランスとして空撮のキャリアを積む。10数年前から長年の憧れであった鉄道空撮に取り組み、2011年の初個展「空鉄(そらてつ)」を皮切りに、個展や書籍などで数々の空撮鉄道写真を発表。「空鉄」で注目を集め、鉄道空撮はライフワークとしている。空撮はもとより旅や鉄道などの紀行取材も行い、陸空で活躍。

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」