圧倒的低コスト! 見えてきた米海軍の新型揚陸艦 担うは海兵隊の新作戦 陸自も…?

前世紀とは様相をガラリと変えた世界のパワーバランスに対し、アメリカ海軍および海兵隊は新たな作戦構想を考案し、それに向けた新型艦の建造を計画しています。自衛隊の島しょ防衛とも深く関わるであろうお話です。

アメリカ海兵隊が進める新作戦構想「EABO」

 2021年末現在、アメリカ海軍が新型揚陸艦の建造を計画中です。

Large 211227 law 01

拡大画像

新型艦に、サイズ的に近いと見られるアメリカ陸軍のフランク・S・ベッソン・ジュニア大将級兵站支援艦(画像:アメリカ海軍)。

 近年、中国は軍事力を増強し、有事におけるアメリカ軍の東シナ海における行動を著しく制限するための態勢を整えつつあります。そこで、アメリカ海兵隊は、これに対抗する新たな作戦構想を打ち立てました。それが「EABO(遠征前進基地作戦)」です。

 EABOは、地対艦ミサイルや地対空ミサイル、敵の艦艇や航空機を発見するためのセンサー、さらに航空機や艦船への弾薬や燃料の補給能力を備えた部隊である「海兵沿岸連隊」を中核として実施されるもので、この部隊が敵の勢力圏内にある島しょ部を占領し、アメリカ海軍の作戦を支援するというものです。

 具体的には、島々を移動しつつ分散し、海軍と連携して敵の艦艇を捕捉し、地対艦ミサイルで攻撃する、あるいは艦艇やヘリコプターなどに対して弾薬や燃料の補給を行うことなどが想定されています。これにより、アメリカ軍は東シナ海の内側において継続的に戦闘を行うことができる一方、中国軍はあらゆる島々からの攻撃に備えなければならず、さらにアメリカ海兵隊は部隊を分散させているため、攻撃を1か所に集中させることができなくなるわけです。

強襲揚陸艦の祖 旧日本陸軍の秘密兵器「神州丸」

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント