エアバス最小機「ベビーバス」A318とは? 爆売れ一族なのに生産80機に終わった理由

エアバス社でもっとも小さい旅客機「A318」は、ベストセラー旅客機「A320」シリーズのひとつ。「ベビーバス」「ミニバス」といった愛称をもちます。どのような旅客機なのでしょうか。

初飛行から20年の「ベビーバス」

 いまから20年前の2002年1月、ヨーロッパの航空機メーカー、エアバス社の旅客機ラインナップのなかで最も小さいモデル「A318」が初飛行しました。

Large 01
エールフランス航空のエアバスA318(乗りものニュース編集部撮影)。

 A318は、エアバス社のベストセラー旅客機「A320」シリーズの胴体短縮派生型のひとつです。ベースデザインは基本形のA320とほとんど同じながら、標準座席数は90~110席です。胴体はA320より約6m短い約31.4mで、それまでA320の短縮型と位置づけられてきたA319から、さらに胴体を約2.5m短くなっています。

 そのためA318は、エアバス機としては著しくコンパクトなサイズ感から、「ベビーバス」「ミニバス」といった愛称をもちます。

 当初エアバス社は1990年代後半に、中国とシンガポールとパートナーシップを結び、100席クラスの新設計機の開発を計画していました。この計画はとん挫したものの、既存機A319のさらなる短縮――という形でそのコンセプトが引き継がれました。この機は“A319からマイナス5フレーム短縮したモデル”ということで、「A319M5」の仮モデル名が与えられました。これがのちの「ベビーバス」A318です。

 ただ、A319は製造機数1000機以上のメガヒットとなっているのに対し、「ベビーバス」の製造機数はわずか80機に留まりました。

【見分けつく?】A318よりちょっとだけ長い成功作「A319」

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント