ついにエアバスA350の貨物型誕生へ 「容量は747に匹敵、コスト浮きます」 そのスペックとは?

スペックだけ聞くと「夢のような貨物機」ですね!

「777F」より3t多いペイロード

 ヨーロッパの航空機メーカー、エアバス社が2021年11月に実施されたドバイ航空ショー内で、アメリカの航空機リース会社であるALC(エア・リース・コーポレーション)と、全エアバス機ファミリーを発注する基本合意書を締結しました。この発注の内容に含まれているのが新型貨物機「A350F」です。

 A350Fは、ALCが初めて発注を正式発表。それからまもなくして、フランスのCMA CGM グループが同型機の発注を発表しました。ついに公式的に”始動”となったこの新型貨物機は、どのようなスペックなのでしょうか。

Large 01
ALC仕様のエアバス「A350F」のイメージ(画像:エアバス)。

 A350Fはエアバス社の主力旅客機「A350」をベースとしています。A350旅客機は、国内ではJAL(日本航空)が導入していることでも知られています。

 エアバス社によるとA350Fは109tのペイロード(運搬能力)をもちます。この値は「ジャンボ・ジェット」をベースとしたボーイングの大型貨物機「747F」と同容量で、現在製造中のボーイング社の主力大型貨物機「777F」と比べると、3t多い容量を持つとしています。

【資料】A350貨物機の激ヤバスペックをササッと見る

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント