英旅客機「トライデント」なぜ左に前脚がズレたのか? 超ハイスペックゆえの理由とは

1960年代、前脚が左側にずれたユニークな形の旅客機、ホーカー・シドリHS121「トライデント」が出現しました。このユニークな形は、同機の最大の強みゆえのものでした。

胴体中心より約60cm左にずれた前脚

「霧のロンドン」といった言葉があるように、ヨーロッパでは、そのどんよりとした天候の特徴から、気象条件が比較的良い空港が多いアメリカと比べ、悪天候時の視界不良に対応した「全天候型」の航空設備が先んじて発達してきたように思われます。イギリスの戦後航空史において、この最たる例といえるジェット旅客機が、ホーカー・シドリ(シドレー)社のHS121「トライデント」です。同機の外観の最大の特徴といえば、胴体中心より約60cm、左にずれた前脚です。

Large 01
ホーカー・シドリレー「トライデント」2E型(画像:Hugh Llewelyn[CC BY-SA〈https://bit.ly/2Vh1bOa〉])。

「トライデント」は1962(昭和37)年に初飛行。3発のエンジンを尾部にまとめたレイアウトを持つ機体で、上空で車輪を格納したときの見た目は、ボーイング727、旧ソ連のツポレフ設計局(当時)Tu-154と類似しています。

 このモデルは世界初のジェット旅客機「コメット」を製造していたデ・ハビランド社が、当時の欧州域内のエアラインであったBEA(英国欧州航空。現在のブリティッシュ・エアウェイズ)社の要望にDH.121として開発にとりかかりました。イギリスの航空機メーカーの統合により、ホーカー・シドリ社が開発を継続し、HS121「トライデント」と名称を変え、初飛行に成功します。

 ただ「トライデント」は最終的には100機強の生産に留まり、ヒット作といえずに終わりました。ただ一方で、冒頭に述べた通り、“世界初”を含めた画期的なシステムを装備。ズレた前脚は、そのことゆえでした。

【脳が混乱】左にずれた「トライデント」の前脚をドアップで!

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント