引退濃厚一転! エアバス、異形機「ベルーガST」で新事業…でもなぜ? また来日も!?

全「珍飛行機ファン」ガッツポーズ案件!やったぜ!

エアバス機のパーツ輸送のための「社内機」として運航

 ヨーロッパの航空機メーカー、エアバスが新たな貨物輸送サービスを開始すると、2021年1月25日(火)に発表しました。同社が保有している異形の貨物機「ベルーガ」の初期タイプ「ベルーガST」を用いて、さまざまな顧客からの特大貨物輸送業務を引き受けるというものです。

Large 01
エアバス「ベルーガST」(画像:エアバス)。

「ベルーガST」は旅客機「A300-600」をベースとし、翼などの長尺の荷物も運ぶために、胴体上部が大きく膨らんだルックスが特徴の貨物機。「ベルーガ」は「シロイルカ」を意味します。1995(平成7)年にデビューし、運航機数は全5機。エアバスも「あらゆる輸送機の中で世界最大級の内部断面を持ち、幅7.1m、高さ6.7mまでの特大貨物に対応できる」としています。

 ただ、「ベルーガ」シリーズはそもそも、エアバス航空機のパーツを輸送する目的で作られた機で、その形状も用途にあわせたものでした。そしてこれまで「ベルーガST」はその目的どおり、2020年デビューでより収容力の大きい後継モデル「ベルーガXL」とともに、おもにヨーロッパ圏内のエアバスの工場間を飛び回り、パーツ輸送を担ってきました。つまり、ほとんどがあくまで“社内”のみで使用されていたのです。

 そして実のところこれまで、新型機「ベルーガXL」の導入により、「ベルーガST」は“そのまま退役する説”が濃厚でした。これが一転、エアバス機パーツ輸送業務は「ベルーガXL」たちに任せ、「ベルーガST」は“社外”からの貨物も引き受けるようになる――という展開になったわけです。

【貨物室でかッ!】珍機「ベルーガST」をさまざまな角度から見る

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント