新「伊予灘ものがたり」4月2日デビュー キハ185系3両 グリーン個室も

新たに特急料金が適用されます。

プレミアムでラグジュアリーな観光列車に

Large 220114 iyonada 01
八幡浜方を先頭にした新たな観光列車「伊予灘ものがたり」のイメージ(画像:JR四国)。

 JR四国は2022年1月25日(火)、新たな車両によりリニューアルされる観光列車「伊予灘ものがたり」の運行開始日を、4月2日(土)と発表しました。

「伊予灘ものがたり」は2014(平成26)年にデビュー。キロ47形ディーゼルカーの2両編成で予讃線の松山~伊予大洲・八幡浜間で運転されてきましたが、2021年12月に引退しました。

 今回、キハ185系ディーゼルカーの3両編成により新たに運行開始します。リニューアル後は特急列車となり、特急グリーン料金とグリーン個室料金が設定されます。3号車「陽華(はるか)の章」は2人掛けソファーシート4席からなる、定員8名のグリーン個室1室(ラグジュアリールーム)となります。

 デビュー日の4月2日の運行は特別ツアー列車で、一般客用は翌3日(日)から運行されます。きっぷの販売開始は1か月前の3月3日(木)10時となります。

 2022年上半期は、土休日および金曜(5月6日のぞく)に運転される予定です。

【了】

【キハ185系・新「伊予灘ものがたり」の姿と車内イメージ】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント