JALが国内初導入「ジェットエンジンを泡洗浄」効果はいかに?“世界初”も謳う新技術

水洗いよりきれいになるのはなんとなくわかりますが…。

年間約8万リットル超の燃料削減も?

 JAL(日本航空)は、伊丹空港を拠点とする傘下の航空会社、J-AIRが運航するエンブラエル170に搭載されるCF34型エンジンを対象に、日本の航空会社として初めてとなる泡を用いた洗浄方法「GE 360フォームウォッシュ」を導入します。この「泡洗浄」はCF34型エンジンでは世界初導入になるとともに、100席以下の小型ジェット旅客機「リージョナルジェット」に対しても世界初導入といいます。

Large 21 07046
J-AIRのエンブラエル170(乗りものニュース編集部撮影)。

 これまでジェットエンジンの洗浄は、水を使用した洗浄が一般的でした。今回の「泡洗浄」では加熱した特殊な泡状の洗浄剤をエンジン内部に注入することで、飛行中に吸い込んだちりやほこりの粒子を化学的に除去することが可能となります。

 JALグループによると「泡洗浄」の導入により、燃料を追加で年間最大約8万2000リットル削減でき、これはCO2排出量約285トンに相当するとのこと。また、泡を使用した洗浄方法であるため、従来の水洗浄よりも水の使用量を削減することが可能としています。

 今回の「泡洗浄」導入は同エンジンを製造するGE(ゼネラル・エレクトリック)の航空事業部門であるGEアビエーションと契約し実現したそう。JALは「今回の泡洗浄の導入でさらなる燃費向上によるCO2排出量の削減を目指します。これからも地球環境の課題解決に挑戦してまいります」とコメントしています。

【了】

【マジで泡だ!】なかなか見れない! 「泡洗浄」の様子(写真)

最新記事

コメント