電動キックボード“白く”しました シェア事業LUUPがイメチェン 伝えたい「違い」

電動キックボードなどのシェアリング事業「LUUP」の機体デザインやロゴが刷新、ともに白を基調としたものに変化しました。これにより、街に広がりつつある電動キックボードの課題解決を図ります。

ロゴも機体も一新「LUUP」

 電動キックボードなどシェアリング事業「LUUP」を展開するLuup(東京都渋谷区)は2022年2月15日(火)、新型の電動キックボードを発表するとともに、サービスロゴを刷新しました。

 新型は黒基調の機体から、白を基調とした機体へと一新。ロゴもブランドカラーであるLUUP GREEN(青緑)に白文字のものから、白地ベースのもの(黒文字+青緑の枠)へと変化しました。

Large 220215 luup 01

拡大画像

新型の白いLUUPの電動キックボード。永田町駅前(中島洋平撮影)。

「次世代のインフラ的存在を目指すにあたって、電動キックボードの視認性をさらに向上させる必要があると考えた」そうです。白基調となり、夜間の視認性も向上するとのこと。

 これだけでなく、白基調としたことには「合法である」ことをわかりやすくする狙いもあるといいます。

 というのも、一般的な公道走行可能な電動キックボードは原付に位置付けられますが、シェアリング事業の機体は、国の「新事業特例制度」のもとで「小型特殊自動車」に位置付けられているからです。シェアリングの電動キックボードは特例でヘルメットなしでの走行も認められています。

「街なかで見かける電動キックボードは(シェア事業の機体ではないものも含め)黒いものが多いです。そこで、一目でシェア事業の機体とわかるよう白を基調にしました」(Luup 松本実沙音さん)

 松本さんによると、電動キックボードの認知が拡大するなか、その法律要件が複雑すぎるという議論が起こっているといいます。街なかではナンバーがついていない違法な機体の走行も見受けられるほか、シェア事業のキックボードを見て、「あれ、ヘルメットつけてない!」と思われることもあるとか。

 そこで、機体を白にして「パッと見で(シェア事業のものと)わかるように」する狙いがあるということです。

【イメージ変わる?】新型「白い電動キックボード」と既存の黒機体 写真で比較

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. 殺人マシン登場。