東海道・山陽新幹線 N700Sの車内に「ビジネスブース」を試験導入 利用は当面のあいだ無料

3編成のN700Sに導入します。

利用は1グループ2人まで

 JR東海とJR西日本は2022年4月7日(木)、東海道・山陽新幹線の新型車両N700Sに「ビジネスブース」を試験導入すると発表しました。

Large 220407 n700s 01
JR東海のN700S(恵 知仁撮影)。

「ビジネスブース」はN700Sの7号車と8号車のあいだのデッキ部に設置。一時的な打ち合わせやWeb会議、電話などが利用できる個室タイプで、室内にはテーブルやハイチェア、コンセントなどを整備します。

 提供区間は東京~博多間。7号車を利用する人が対象で、利用時間は1回30分以内。利用人数は1グループ2人までです。当面のあいだは無料で利用することができます。

 利用するには、7号車座席の案内リーフレットに記載のQRコードから順番を確保します。順番になるとメールでお知らせが来るものです。利用者がいない場合はブース内のタッチパネルを直接操作して利用することもできます。

「ビジネスブース」はN700Sの3編成に導入し、2022年5月9日(月)以降、順次サービスを開始します。

【了】

【画像】ビジネスブースのイメージ

最新記事

コメント