「超普通」運行 三陸鉄道全線を2日かけて走破するツアーで 各駅に3分以上停車

撮影会も実施します。

宿泊は宮古にて

Large 220511 santet 01

拡大画像

三陸鉄道36-700形(画像:三陸鉄道)。

 日本旅行が2022年6月25日(土)から翌26日(日)にかけて、1泊2日のツアー「“超”普通列車で行く三陸鉄道全駅探訪の旅」を開催します。三陸鉄道線のほぼ全ての駅に3分以上停車する「超普通」を運行するほか、撮影会なども行われます。

 1日目は盛駅(岩手県大船渡市)を13時半に出発。ひたすら北上し、16時46分に宮古駅(同・宮古市)に着きます。車両は36-700形が使われます。なお途中の旧JR山田線区間(釜石~宮古)では、乗務員が沿線の案内を行います。宮古駅からは路線バスに乗り換え、宿泊はホテルルートイン宮古です。

 2日目は午前9時にホテルを出発。貸切バスで宮古基地構内へ向かい撮影会を行います。午前11時48分に同駅を発ち、終点の久慈駅(岩手県久慈市)到着は14時45分です。車両は36-100形が使われます。

 旅行代金は1人あたり、大人2万8000円から(子ども同額・バス無しシングルルーム利用)。車内での弁当代なども含まれます。最少催行人数は20人です。発売は2022年5月12日(木)15時から、日本旅行 大阪法人営業統括部のウェブサイトなどで開始されます。

 なお新型コロナウイルス感染防止策として、参加にあたり健康申告書の提出や、検温、消毒が適宜行われます。

【了】

【ゆ~っくり行くぞ】ツアー列車の時刻表

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント