なぜ今「金太郎」を改造? 災害時には日本海側へ迂回 機関車1両は試作済み

今期は全18両を改造予定。

日本海縦貫線へ対応

Large 220511 santet 01
EH500形電気機関車「金太郎」(2009年12月、恵 知仁撮影)。

 JR貨物は2023年3月期中に、「金太郎」ことEH500形電気機関車18両を改造すると発表しました。迂回運転に備えた対応だとしています。

 内容は、日本海縦貫線の走行に適合させるもの。日本海縦貫線とはJR北陸本線や羽越本線、あいの風とやま鉄道など、日本海側を経由するJR線や第三セクター鉄道の総称です。災害などにより、例えばJR東北本線が不通となった際、貨物列車を日本海縦貫線へ迂回させ、物流ルートを確保するとしています。

 また、あわせて運転士の乗務線区を拡大。隅田川機関区(東京都荒川区)の八王子乗り入れを開始します。

 なお2022年3月までに、試作車として改造を完了したEH500形1両が試運転を行っています。

【了】

【写真】改造を終えた「金太郎」試作車

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

Leave a Reply to ででで Cancel reply

2件のコメント

  1. 具体的にどこをどう改造?

    • 海沿いが多いから塩害対策ですかね?