「東京きて!」JR東海/JR東日本/東京メトロ/ANA/JAL 異例5社キャンペーンのワケ

JR東海、JR東日本、東京メトロ、ANA、JAL--前代未聞の5社タッグによるキャンペーンが始まります。同じ課題を抱える5社が団結しました。

聞いたことない! 鉄道&航空異例コラボ

 JR東海、JR東日本、東京メトロ、ANA、JAL--前代未聞の5社タッグによるキャンペーンが始まります。5社は2022年6月13日(月)、「ただいま東京」キャンペーンについての記者会見を東京スカイツリーの展望台にて行いました。

Large 220613 tadaima 01

拡大画像

ただいま東京キャンペーンの5社乗務員。左からJAL、JR東海、東京メトロ、JR東日本、ANA(中島洋平撮影)。

 東京のお気に入りスポットやオススメスポットなどを、SNSを通じ5社と利用者とで相互に発信し、東京旅行を盛り上げるプロジェクトです。インスタグラムでの写真投稿や、ツイッターのフォロー&リツイートで、旅行券などもプレゼントされます。

 ANA、JALが地方でJRとの連携を深めるなどの取り組みはありましたが、東京をめぐり、この5社がタッグを組むというのは前代未聞です。背景には、東京への旅行需要を喚起したい各社の思いがあります。

 JR東海によると「(東海道新幹線で)新大阪方面の下り列車については需要が回復してきたものの、東京方面の上りについては鈍い傾向です」。JR東海の旅行商品だと、“首都圏発”と“首都圏着”とで、販売数の回復率に14%ほどの差が生じているそうです。

 この傾向、実は各社とも共通していたといい、同じ悩みを持つならば……ということで、JR東海が声がけをし、短期間のうちにコラボが実現したのだそう。

「ふだんはライバル関係の5社ですが、手を携えます。そろそろ東京に行きたいな、となってほしい。5社で、お客様を笑顔でお迎えしたい」(JR東海 営業本部長 杉浦雅也さん)

 このSNSを中心としたキャンペーンは9月まで実施されます。

【了】

【キメるシンカリオン、動けないJR東海キャラ】各社のキャンペーンと会見の様子

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 東京に行くには寝台特急で。
    それ以外はその時々で考慮する。