JR線の回数券、いよいよ全廃近い? JR東海と四国が廃止発表 残る地域は?

まだ残っている地域は…?

相次ぎ廃止発表の「回数券」

 JR線の「普通回数券」が相次ぎ発売を終了します。2022年4月に発表したJR東日本に続く形で、6月10日にはJR東海が、16日にはJR四国が廃止を発表。3社はいずれも9月30日までの発売です。

Large 220616 kaisu 01
JR東海の313系電車(画像:写真AC)。

 JR東海は「お客様のご利用状況を踏まえ」、JR四国は「お客様のご利用状況や弊社を取り巻く経営環境の変化を踏まえ」としています。

 なお、これに先立ち2021年にはJR九州が全域で、JR西日本がICOCAエリアで普通回数券の発売を終了しており、残るはJR北海道と、JR西日本の一部エリアのみということになります。JR北海道は2022年6月16日の段階で、回数券の廃止は予定していないと回答しました。

 なお、JR西日本やJR東日本は回数券廃止の代替として、「ICOCA」や「Suica」のポイントサービスを拡充する施策を打ち出しています。

【了】

【回数券より得?】ICカードの代替サービス 画像で見る

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. JRに関しては、そもそも「回数券」の存在自体薄いというのもあると思う。特にJRしかない地方にとっては「JRで回数券」という意識も低いのでは?「2枚きっぷ」のようなのとはまた感覚も勝手も違うし。
    購入できる駅も少なく、できる駅でも窓口が閉まっているケースも多く、購入すること自体容易ではなかったような。大手・準大手私鉄では一部の閑散線区の駅以外はほぼ全部の駅に券売機が設置されそれで購入が可能であり気軽に利用できる。会社によっては金額式で区間を問わず利用できるし使い勝手も良い。そんな私鉄各社でも回数券が廃止されるケースが増えてきた。「安い」よりも「タッチするだけの利便性」を求める風潮が高くなってきているということか。「安さ」優先の自分としては残念ではあるが。。。