全国に先駆けた「レストラン列車」9月に終了 いすみ鉄道キハ28形引退で

レストラン列車の視察、後を絶たなかったそう。

キハ28形は11月に引退

Large 220604 kakky 01

拡大画像

国鉄時代のヘッドマークを掲出したキハ28形ディーゼルカー(画像:いすみ鉄道)。

 千葉県の房総半島で鉄道を運行するいすみ鉄道は、車内で食事を楽しめる「レストラン列車」の運行を、2022年9月をもって終了します。

 理由は、キハ28形ディーゼルカーが11月末に引退するため。「レストラン列車」には同車両が使われており、車内ではイタリア料理店「ペッシェ アズーロ」がパスタなどを提供していました。

 調理を担当してきた池田征弘シェフは、「どこよりも早く、レストラン列車として運行開始されたのがいすみ鉄道です」としつつ、「始めた当初から大人気で、全国から多くのお客様が駆けつけて下さった思い出があります。全国のローカル線からも注目を浴び、レストラン列車の視察が後を絶ちませんでした。今ではレストラン列車も全国的に広まり、各地でグルメ列車が運行するようになったのは、とても嬉しく誇りに感じています」と話し謝意を述べました。

 キハ28形はJR西日本から譲渡され、いすみ鉄道では2013(平成25)年に運行を開始。引退する理由は、エンジンなどが老朽化しているものの交換部品の生産中止により、安定的な保守ができないためとしています。

 同社は「今後はレストラン列車にかわる様々な企画・イベントを実施してまいります」としています。

【了】

【写真】「レストラン列車」で提供されたお料理

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 6/12の運転で故障の為、エンジンカットで牽引回送されたって聞いたんだがそれは復旧したのかな?
    だから11月を待たずして引退なのかと思ったが、あと半年分の修理部品はある、ということなのか。