福山雅治「本物の汽車」購入か?長崎のキハ66・67形「車両代土地代自腹でいいですよ」

シンガーソングライター、俳優の福山雅治さんが、2021年6月に引退したJR九州のキハ66・67形について「買って展示できるなら自腹で車両代、土地代を出すよ」とラジオで発言。ただ合わせて、もっともな「ある条件」も出しています。

俺にとっては「ベージュと朱色のキハ」こそが…

 シンガーソングライター、俳優の福山雅治さんが、「本物の汽車」を購入するかもしれません。
 
 2021年7月17日(土)の「福山雅治と荘口彰久の『地底人ラジオ』」へ、リスナーから次のようなメッセージが寄せられました。

「大変です! 福山さんが大好きな車両がまたひとつ姿を消すようです。長崎地区で走っている(JR九州の)キハ66・67形が6月30日で引退。長崎市民にはなじみがありすぎるあのブルーの車両と、みかん色とベージュっぽいツートンカラーの、あの車両のようです。福山少年にとって思い出の車両をぜひ買い取って、将来、長崎にできるであろう福山雅治ミュージアムに展示をお願いします!」

Large 210729 fukuyama 01

拡大画像

引退したベージュと朱色のキハ66・67形(恵 知仁撮影)。

 長崎出身の福山さんは、次のように答えます。

「子どものころ、キハ66・67で行ってたんだよずーっと、ばーちゃんち。『青』はかなり後から登場してきたよ。俺にとっては『ベージュと朱色のキハ』こそが、『弓なりに続く線路』(福山さんの歌『道標』に登場するフレーズ)を走っていた汽車なんですよ」

 福山さんによると、長崎で「電車」というと路面電車のことで、「汽車」というと、蒸気機関車ではなく、国鉄・JRの列車を指すようです(一応、鉄道的に厳密に言うと、キハ66・67形は「電車」でも「汽車」でもなく「気動車〈ディーゼルカー〉」)。

 そして福山さんは続けて「買えるの? 買って置いておくところがあって、長崎の有志たちがちゃんとお手入れ、維持できたら、車両の購入と土地代は僕、やりますけど。(鉄道車両の保存活動でもよく行われるクラウドファンディングではなく)自腹でいいですよ」と話しました。

 これを受けてSNSではいま、車両の引退を悲しんでいた全国の鉄道ファンも、大盛り上がりです。

【この雰囲気は貴重…】なぜか鉄道ファン以外の観光客も大勢やってくる長崎の駅

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

3件のコメント

  1. とても素晴らしい志であります(敬意)
    故郷で過ごされてきた幼き思い出をそのままに今も大事にされている。
    ガタゴトと線路を軋ませながら通り過ぎてゆく車窓からのローカルチックな風景は思わずため息が溢れる瞬間でもあります。
    全国全線の鉄路を巡った経験もあり今では撮る方に周り津々浦々の鉄道風景との記憶が自身のアルバムです。
    そして気動車達は年々と消えゆく存在となり沢山の人々を乗せ働いてきた昭和の鉄道遺産達(蒸気機関車・気動車)等の解体などはあまりにも寂しい..。
    この度のプロジェクト静態保存が叶った暁にはキハ66/67系の勇姿を拝見しに行きます。
    夢叶いますように。

  2. 日田天領水に譲渡された電気機関車と客車は外装が錆びてきてみすぼらしくなってます。

  3. 長崎だけでなく汽車は気動車を指して使うのは一般的です。北海道でもそう。
    鉄道ライターなら福山氏によると的なことではなく、ちゃんと補足したら?