外環道の「新PA&JCT」全貌明らかに 本線上の妙なスペース活用 どんな姿に?

外環道に新設される「外環八潮PA」の全貌が明らかになりました。PAができるのは地上。いまは高架の本線にランプ接続の準備スペースがあるのみですが、どのようになるのでしょうか。

草加IC~外環三郷西IC間に新設「外環八潮PA」

 外環道に新設される仮称「外環八潮PA」の工事着手が見えてきました。このPAのランプは、外環道へ新たに接続する道路とのジャンクションを兼ねます。ただ、現状の本線は高架区間。ランプやPAはどのような形態になるのでしょうか。

Large 220701 yashio 01

拡大画像

手前の高架が外環道。画面右上にPAが設けられ、外環道とランプで接続する(画像:Google)。

 NEXCO東日本は2022年7月1日(金)、見直しを反映した令和4年度の発注見通しを公表しました。ここで外環八潮PA関連の諸工事がいくつか新規追加されています。

 たとえば、ランプの橋桁を建設する「八潮パーキングエリアランプ橋(鋼上部工)南工事」は令和5(2023)年度第1四半期の入札で工期は約70か月、地盤対策工事や橋脚・橋台工事を含む「東京外環自動車道 八潮パーキングエリア工事」は令和5年度第3四半期の入札で工期は約85か月とされています。

 NEXCO東日本関東支社は、PAの開業時期について「改めてお知らせします」としましたが、少なくとも2030年頃には、その姿が見えてきていることでしょう。

 この外環八潮PAは、草加IC~外環三郷西PA間にできます。地上道路である国道298号と、北のイオン越谷レイクタウン方面へ延びる国道4号「東埼玉道路」が交わる八条白鳥交差点付近が接続点です。現状、本線は高い遮音壁に覆われた高架区間のため「どこにPAが?」と思うかもしれません。

 PAの用地は、八条白鳥交差点の北東側に確保されており、高架と地上をつなぐランプが設けられます。本線上には、そのランプを接続させるためのスペースが開通時から存在し、いまは植栽などが置かれているのです。

 今回、NEXCO東日本関東支社から外環八潮PAの完成イメージパースを入手。将来像が判明しました。

【独自入手】外環八潮PA&新JCTのイメージ図を見る

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント