開通に期待 東京圏「あとちょっとな道路」5選 そのちょっとの延伸が高い壁?

あと少し、この部分がつながれば便利になるのに――東京周辺には、そのような建設中の道路が多数存在します。今回はそんな「あとちょっとな道路」5路線の進捗を見てみます。

中部横断道も「あとちょっと」が開通

 2021年8月、中部横断道の下部温泉早川IC~南部IC間(山梨県)がつながり、静岡~山梨区間が全通しました。「あとちょっと」と思われていた区間が難工事で遅れていただけに、開通はSNSなどでも大きな話題になりました。

 東京圏に目を移すと、こうした「あとちょっと」な歯抜け区間のある道路はいくつも存在します。今回はそうした道路を5つ、進捗とともに紹介します。

圏央道(神奈川・千葉)

・未開通区間:藤沢IC~栄JCT(横浜湘南道路)約7.5km、戸塚IC~栄JCT~釜利谷JCT(横浜環状南線)約8.9km、大栄JCT~松尾横芝IC 約18.5km

 首都圏をぐるりと取り囲む圏央道は総延長がおよそ300kmあり、そのうち約270kmが開通済みです。未開通なのは千葉県の1区間と、神奈川県側の末端部2区間。いずれも事業が進んでいます。

 千葉県の大栄JCT~松尾横芝IC間は2024年度に開通する予定です。神奈川県の藤沢IC~栄JCT(横浜湘南道路)も同年度、戸塚IC~栄JCT~釜利谷JCT(横浜環状南線)は2025年度の開通見込みが示されています。

Large 210909 atochotto 01

拡大画像

圏央道の未開通区間である横浜湘南道路と横浜環状南線の位置(画像:横浜国道事務所)。

北千葉道路(市川~鎌ヶ谷、成田市内)

・未開通区間:北千葉JCT(仮称)~鎌ヶ谷市街 約9km、成田市内 約3.7km
※専用部は含まない数値。

 北千葉道路は、外環道から北総鉄道沿いを経由し、「成田空港までを最短で結ぶ」約42kmの道路。開通済みの鎌ヶ谷市から印西市までの北総鉄道に沿う区間は、一部、最高速度70km/hの自動車専用部を有する快走路です。

 成田市側、成田ICまでの延伸工事は進んでいますが、東京側は、鎌ヶ谷市街でプツリと途切れ、外環道までのあいだは長らく事業化もされていませんでした。

 しかし、このうち外環道の北千葉JCT(市川市)から松戸市にかけての約3.5kmは2021年度に事業化されました。側道と専用部で構成され、専用部は有料道路となる見込みです。

【地図/写真】東京圏「あとちょっとな道路」5つの概要と進捗

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント