50年間「大阪の顔」 御堂筋線10系が運行終了 最終日には引退式を実施

廃材も再利用されています。

今後は記念乗車券も販売

Large 220127 melody 01
大阪メトロ御堂筋線の10系電車。一昨日7月4日に引退した(2015年1月、草町義和撮影)。

 大阪メトロ御堂筋線で長年使われてきた10系電車が、一昨日2022年7月4日(月)をもって営業運行を終了しました。

 10系は1973(昭和48)年に谷町線向け車両として登場し、1976(昭和51)年から御堂筋線で運行を開始。制御装置に「チョッパ制御方式」を導入することで、当時主流だった抵抗制御方式の課題である排熱の軽減と、省エネルギー化を実現しました。2011(平成23)年からは、徐々に新型30000系電車に置き換えられていきました。

 7月4日には引退式を実施。大阪メトロは「これまで多くのお客さまにご乗車いただき、本当にありがとうございました」とコメントしています。SNSでも、「お疲れ様でした」「これで一時代の区切りや…」「大阪の顔だったな」といった声が聞かれます。

 なお7月24日(日)からは、「10系引退記念1日乗車券セット」が販売されます。値段は1セット3000円です。

 ちなみに、これまで廃車となった10系の廃材は、「廃車再生プロジェクト」の中でアップサイクルされており、ショルダーバッグや犬用リードなどとして販売されています。

【了】

【写真】引退式の様子

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント