1日2便「但馬空港」最強の活用法? 国内初 トヨタのラリーカーが滑走路爆走…なぜ?

1日の旅客定期便の発着がわずか2往復の但馬空港で、国内で初めて「本物のラリーカーが空港内の滑走路などを激走する」イベントが実施されました。

朝10時発、18時発以外は定期旅客便なし

 兵庫県にある、コウノトリ但馬(たじま)空港。同空港を発着する旅客定期便は、現在JAL(日本航空)グループの地域航空会社、JAC(日本エアコミューター)便の伊丹線が1日2往復するのみ。それの出発便は朝10時発、18時発となっており、その間の8時間、定期便の発着はありません。

 その”空き時間”を利用して2022年7月9日、国内空港では例のないイベントが開かれました。JALとトヨタ自動車が展開するTOYOTA GAZOO Racingがコラボし、トヨタ製ラリーカー「ヤリスWRC」が同空港の滑走路や駐機場などを駆け抜けたのです。TOYOTA GAZOO Racingによると、空港でラリーカーが走るのは国内初とのことです。

Large 01

拡大画像

但馬空港「FLY&RIDE OUTDOOR FESTIVAL」の様子(2022年7月9日、乗りものニュース編集部撮影)。

「FLY&RIDE OUTDOOR FESTIVAL」と名付けられたこのイベントは、2社と、そして同空港のある兵庫県、豊岡市が全面協力することで実現。但馬空港周辺地域の活性化などを目的としています。

 イベントではJALグループが、JAC機を用いた機内見学イベントや、格納庫内でのキャビンアテンダント体験、JAL制服着用体験などの体験コンテンツを提供。そしてTOYOTA GAZOO Racingはプロドライバーが運転する2台のトヨタ「ヤリス」に参加者を同乗させ、滑走路を高速で駆け抜ける同乗体験などを実施しました。

【写真】マジで走ってる…但馬空港で実施された異例イベントをさっと見る

最新記事

コメント