名古屋高速の一部 10日間通行止めへ 鶴舞南J→名古屋南Jで大工事 「車控えて」

各種連絡路も軒並み絶たれます。

リフレッシュ工事で大高線10日間通行止め

 名古屋高速道路公社は2022年7月28日(木)、3号大高線の南行き(鶴舞南JCT→名古屋南JCT)にて、終日通行止めを伴うリフレッシュ工事を実施すると発表しました。

Large 220728 odaka 01
通行止め区間(画像:名古屋高速道路公社)。

 通行止め期間は10月22日(土)0時から31日(月)24時までの10日間です。この間は、高辻入口、呼続入口、堀田出口、笠寺出口、大高出口のほか、3号線から名四国道、知多半島道路、名二環、伊勢湾岸道への連絡路もそれぞれ通行止めになります。

 この期間で、舗装の打ち換えや施設などの補修工事に併せて、構造物の長寿命化を図る床版修繕工事も集約して行うといいます。

 名古屋高速道路公社は、工事期間中、周辺道路の混雑が予想されるためのクルマの利用を控えるよう呼びかけています。またETC車を対象に、4号東海線や名二環などへ迂回した場合に料金調整を行うそうです。

【了】

【どこが混む? どう迂回?】工事概要 画像で見る

最新記事

コメント