エアバスA350=「パソコン飛行機」たる所以? 「操縦席巨大モニター」のスゴイ機能とは JAL機長に聞く

JAL初の新造エアバス機である「A350-900」は、6枚の大型モニターが並ぶのがコクピットの大きな特徴です。同機を担当するパイロットに聞いたところ、このモニターには優れた機能が多数備わっていました。

ウェザーレーダーもひと味違う!

 JALが2019年に初めて新造導入したエアバス機「A350-900」、そのコクピットは6枚の大型モニターが並ぶのが大きな特徴です。このモニター画面には、エアバスの新鋭機らしい機能が多数備わります。その機能の一部を、同社のA350パイロット、仲本大介機長に聞くことができました。

Large 01

拡大画像

エアバスA350-900型機のJAL初号機のフェリーフライトの様子。このフライトでは、仲本機長も操縦を担当した(2019年6月14日、伊藤真悟撮影)。

 仲本機長はこれまで乗務してきた旅客機(ボーイング737)と比べ、エアバスA350の違いのひとつとしてモニターを挙げています。

「モニターの数や大きさもこれまでと違いますが、A350の場合は、一部のモニターをタッチパネル式で動かすことができますし、画面の内容を別のものに切り替えることもできます。またPCで用いるようなキーボードのほか、トラックボールもついていて、マウスのように動かすことができます。この機能を使って、ナビゲーションディスプレイ(飛行機の飛行すべき経路など表示する。自動車のカーナビに相当)の行きたい方向に線を引くこともできます。A350は『パソコンのような飛行機』ということができるでしょう」(仲本機長)

 また、A350のコクピット画面に表示されているウェザーレーダーには、通常の平面表示のものだけでなく、断面も表示される高機能なものが導入。当該機が積乱雲などの上下を問題なく通過できるかがすぐわかる機能を備えているといいます。それに加え仲本機長は「レーダーの断面表示を左右に振ることができるので、どちらにいけば雲が少ないかを見ることができますし、高度ごとに切って表示することなども可能です」と話します。

【写真】画面デカッッ!! JALのA350実機のコクピット

最新記事

コメント