将来のJAL国際線主力機「A350-1000」客室はどうなる? オール“非公表”でもヒント聞けた!

JALでは2023年、長距離国際線向けの次世代主力機として「エアバスA350-1000」を導入予定です。この客室について担当者に聞いたところ、「非公表」ではあるものの、いくつかヒントが出てきました。

クラス構成も「非公表」。でも…!

 2023年、JAL(日本航空)では長距離国際線用の新型旅客機「エアバスA350-1000」を導入する予定です。この客室はどのようになるのでしょうか。

 A350-1000は、同社が2019年から国内幹線向けに導入を進めているA350-900の胴体延長タイプにあたります。つまりJALではこのA350シリーズを、今後のフラッグシップに据える計画です。国内線用の-900では、全席個人モニター、USBポート、電源コンセントを備え、共用部分を含めて新たな客室設備が導入されました。

Large 01

拡大画像

JALのA350-900(乗りものニュース編集部撮影)。

 A350-1000の内装についてJALの担当者は「現時点で、公表できるものはありません」といいます。座席クラスの構成などを含めても「それもまだ言えないです……」としながらも、「開発には変化がつきものではありますが、仕様の主要な部分はおおむね固まっている状態」とも話します。

【どう化けるか?】エアバス仕様のA350-1000の客室を徹底解剖(29枚)

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. 今のB777-300ERのファーストクラスは1-2-1配列。
    A350は胴体の太さがB777より細い→同じ1-2-1配列だと狭くなるから、1-1-1配列にすると仮定すると、
    2列6名か、3列9名。ただ、3列にするほど客室って確保出来るのかなぁ。

    あと、B787用のウォシュレットはボーイング社と共同開発したと言うけど、エアバス機にも載せられる…?

    そんなに乗る機会はないのは正直なところではあるものの、楽しみでもありちょっと不安でもあり…。