成田空港アクセス塗り替わる? 格安高速バス“山手線の西側”攻略へ N'EXなき池袋

池袋駅と成田空港を結ぶ低価格直行バス(LCB)「成田シャトル池袋線」が2年強越しのスタートを切りました。東京駅を攻略したLCBが初めて山手線西側「副都心」の3大ターミナルへ進出。空港アクセスが大きく変わります。

強力なインバウンド需要のあった池袋へ直通!

 池袋駅と成田空港を結ぶ低価格直行バス(LCB、ローコストバス)「成田シャトル池袋線」の運行が2022年8月1日(月)から開始。同日にセレモニーが行われました。

Large 220801 ike 01

拡大画像

池袋駅西口7番乗り場に発着する成田シャトル池袋線 ウィラー便(中島洋平撮影)。

 この路線はウィラーエクスプレス、京成バス、国際興業、リムジン・パッセンジャーサービス(東京空港交通グループ)の4社共同運行。池袋駅西口に発着し、成田空港までを最短80分で結びます。成田空港行が8便、池袋行きが10便の計18便。運賃は大人1900円で、出発24時間前まで予約可能な席数限定の早得プランで事前決済すると1500円になります。

 成田空港のいわゆるLCBは、8社共同で運行する東京駅発着の「エアポートバス東京・成田」(旧東京シャトル、THEアクセス成田を統合)が知られ、2016(平成28)年からはウィラーらが大崎駅発着の「成田シャトル」を運行(現在運休)していますが、「副都心」と呼ばれる山手線西側の3大ターミナル(池袋、新宿、渋谷)に発着するのは今回が初めて。なお同日、東急バスも渋谷発着のLCBの運行を開始しています。

 とはいえこの「成田シャトル池袋線」は、もともと2020年3月に運行を開始する予定だったそう。コロナの影響を受け、2年以上を経てのスタートとなりました。

 ウィラー・エクスプレスの平山幸司社長によると、ウィラーが池袋周辺で運行している周遊バス「IKEBUS」の存在が、今回の路線の契機になったといいます。

「豊島区さんからは、池袋の街がアートとカルチャーの都市として大きく変わろうとするなかで、『ぜひ成田を直結したい』という熱い思いをいただいていました」(平山社長)とのこと。高野之夫豊島区長も、「海外から人を迎えるうえで、池袋を大きく飛躍させる道筋がついた」と話します。

 池袋はアニメ関連ショップが立ち並ぶ「乙女ロード」に代表されるように、コロナ前には日本のアニメカルチャーを求め世界中から旅行者が訪れていたといいます。平山社長によると、成田空港から「池袋へ(直通で)行きたい!」という需要も高かったそうです。

【時刻表&写真】成田シャトル池袋線 1社だけトイレ無が…

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. 令輪5年度末のしらさぎ亡き後には、セントレア(中部国際空港)~敦賀駅北陸新幹線口まで
    "新幹線リレーLCB"
    を設けるといいだろう。