ベストセラー機C-130の後釜狙える? C-2ソックリな韓国の新型輸送機開発 あれこれ派生型も

最近、国産機の開発を数多く進めている韓国は、中型輸送機についても独自開発する構想があるそうです。今回、MC-Xと名付けられたコンセプトモデルを韓国で見つけたので関係者に話を聞いてきました。

日本のC-2と似ているけど別モノ

 2022年9月21日より5日間の日程で開催された韓国の兵器展示会「DXコリア」において、同国の防衛企業「KAI(韓国航空宇宙産業)」が新しい輸送機のコンセプトモデルを展示していました。

Large 220926 mcx 01

拡大画像

「DX Korea」のKAI(韓国航空宇宙産業)のブースに展示されたMC-Xのコンセプト模型(布留川 司撮影)。

「MC-X」と呼ばれるその機体は、双発のターボファンエンジンを搭載し、主翼は胴体上部に付いた高翼配置で、尾翼は上部に水平尾翼が付いたT字型。そして機体胴体の中央下部にはバルジと呼ばれる膨らみがあり、そこに着陸脚が収納されています。

 なおMC-XのMCは「マルチロール・カーゴ」の頭文字を取ったもので、Xは次世代を示す記号です。全体的な印象は、日本が開発した航空自衛隊向けの輸送機C-2に似ている部分もあります。しかし、T字型の尾翼や、胴体下部のバルジなどは他の輸送機などでも見られるデザインであり、C-2との類似性というよりも、この形が輸送機として理想形であると言ったほうがよいでしょう。

 傍らにあった解説パネルによると、機体の大きさは全長40.3m、高さ13.5m、全幅41.1mで、日本のC-2輸送機と比べるとやや小さいサイズです。最大離陸重量は92tで、搭載できる貨物の最大重量(ペイロード)は30t。最高速度はマッハ0.75で、航続距離は7000kmと記されていました。

 MC-Xは、現時点ではKAIによる提案段階のプロジェクトであり、韓国政府の開発認可や具体的な生産の予定が決まっているわけではありません。しかし、KAIの関係者によると、MC-Xが想定しているのは自国、すなわち韓国空軍のC-130「ハーキュリーズ」輸送機やCN-235輸送機の更新用としてであり、将来的には国内だけでも40機程度は需要があると考えているそうです。

 なお、世界を見渡すとC-130輸送機は、最新タイプであるJ型とは別に、それより古いH型が現在も数多く現役で運用されていることから、それらの更新用として中小国への輸出需要も狙っているということでした。

【物量投下のイメージも】MC-Xの全体画像&スペック表ほか

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. 成る程、デザインを見ると自衛隊のC-2に似ている。
    これを見る限り、日本の技術水準は高いと考えられ、C-2開発目的の一つは達成されていることが解る。

  2. 輸送機なんてデザイン見たら全部似てるだろ…C 1だって ミニC 5って言われてんだから