ミサイルごそっと一度に投下 輸送機が攻撃兵器に一変する「ラピッドドラゴン」とは

アメリカ空軍が開発する「ラピッドドラゴン」は、既存の輸送機を、大きな改修もなしに大容量ミサイルキャリアへと一変させる新兵器です。いたってシンプルな装置ゆえに、自衛隊への導入も容易なものと見られます。

最終発射試験成功 アメリカ空軍が開発中の「ラピッドドラゴン」

 2021年12月13日(月)、アメリカのフロリダ州にあるエグリン空軍基地の洋上試験場にて、アメリカ空軍の特殊作戦機MC-130Jの機内から長射程巡航空対地ミサイルJASSM-ERの試験弾(FTV)を搭載したパレットが投下されました。

Large 211224 rdrg 01

拡大画像

アメリカ空軍とロッキード・マーチンが開発中の「ラピッドドラゴン」。MC-130Jへの搭載作業(画像:アメリカ空軍)。

 その後、パレットから下向きに垂直に切り離されたFTVは、翼を展張してエンジンを点火し飛行を開始、目標に命中しました。このパレットとJASSM-ER、そして目標の位置情報などを受信する装置などを組み合わせたシステムこそ、現在アメリカ空軍が開発を進めている新兵器、「ラピッドドラゴン」です。

輸送機が爆撃機に早変わり その内容とは

「ラピッドドラゴン」は、現在アメリカ空軍で運用されている各種輸送機の貨物スペースにパレット式のミサイル発射装置を搭載して、大量のJASSM-ERを一度に発射することができることを目指したシステムです。パレットは、機体の大きさやペイロードの重さに合わせて、搭載するJASSM-ERの数を変更できるようになっていて、たとえばC-130輸送機であれば6発、C-17輸送機であれば9発のJASSM-ERをそれぞれひとつのパレットに搭載することができます。

Large 211224 rdrg 02

拡大画像

C-17A輸送機からの空中投下試験に臨む「ラピッドドラゴン」(画像:ロッキード・マーチン)。

 また、開発に携わっているアメリカの防衛関連企業大手、ロッキード・マーチンが公開している「ラピッドドラゴン」について解説した動画によると、C-130であればふたつ、C-17であれば4つのパレットを搭載可能と見られ、そうであるとすれば、C-130は12発、C-17は36発ものJASSM-ERを運用可能ということになります。

 これがいかにすごいことかというと、現在アメリカ空軍で運用されている爆撃機であるB-1Bが搭載可能なJASSM-ERの数が24発ですので、なんと爆撃機が搭載可能な数以上のJASSM-ERを積み込むことができるのです。

実験に使用された特殊作戦機 MC-130J「コマンドーII」

最新記事

コメント

5件のコメント

  1. このラピッドドラゴンが運用される暁には、
    敵国は自国防衛のために、民間の輸送機も警戒・攻撃の対象としなければならなくなるのではないか?

    大変怖い事だと思います。

    • 民間の輸送機に対しては記事からのみだと対応してないのでは?
      仮にできても積載量等から現実的ではないとは思いますが……

    • 恐らく民間航空機が軍用輸送機と混同されることを危惧しているコメントだと思いますが、使用されるミサイルがJASSM-ERとすると射程900km以上であり、それを発射する輸送機が攻撃を受けるような事態になっているのであれば、そもそも民間貨物機が悠長に飛べるような状況ではないと思われます。

      民間貨物機がこの兵器を運用することを危惧しているのであれば、民間貨物機の多くは尾部にドアがなく機首や側面から貨物を積み下ろしする構造になっており、大型貨物の空中投下を想定していないので不可能です。

  2. アメリカは同盟国も予備弾が自分と同じ位あると思っているのか、それとも予備弾込みで調達させるつもりなのか……。

  3. 脆弱な航空基地に依存しないといけないから日本が持っても意味無いような(>д