つり革にカニ、パンダ! 新型F2000形の内装デザイン決定 福井らしさ演出

爽やかなデザインのロングシートです。

翌2023年3月デビュー

Large 220127 melody 01

拡大画像

新型車両F2000形電車「FUKURAM Liner(フクラムライナー)(画像:福井鉄道)。

 福井鉄道は2022年9月30日(金)、新型車両F2000形電車「FUKURAM Liner(フクラムライナー)」の内装デザインを決定したと発表しました。この電車は、翌2023年3月の運行開始が予定されています。

 座席はロングシートです。柄は水の流れを感じさせる爽やかなデザインですが、これは福井鉄道沿線の水の張られた水田や日野川など、豊かな水資源をモチーフにしたためです。リサイクル可能な生地を採用し環境負荷を低減したほか、毛倒れを防止する仕様により、長期間オリジナルデザインを保つといいます。

「福井らしさ」も演出します。出口付近のつり革は、県を代表する「カニ」や「レッサーパンダ」をデザイン。さらに車内に4台設置されるモニターでは、西山公園や蔵の辻、足羽山公園などの観光地を映像で紹介します。

 福井鉄道は「地域の皆さまやご乗車のお客様に福井をPRでき、また北陸新幹線の開業により、新たに本県を訪れるお客様にもお楽しみいただけると考えています」としています。

 F2000形は従来車両の880形電車と比較して定員を1割程度増やしたほか、出入口のステップの撤去、車いすスペースの確保などを行っています。

【了】

【画像】カニにパンダ! 内装デザインを見る

最新記事

コメント