「白いANA機」ついにデビュー!! 「鬼滅」新特別機、定期便へ 出発時に”激レア”光景が出現

この光景は凄すぎる…!

3日のANA241便が初便に

 ANA(全日空)が、テレビアニメ『鬼滅の刃』のキャラクターをあしらった特別塗装機「鬼滅の刃 じぇっと -参-」を、2022年10月3日から国内線定期便に就航させました。投入初便となる福岡行きANA241便が、羽田空港を出発。この際「鬼滅」ファンや航空ファンにむけ、とあるサプライズが待っていました。

Large 01

拡大画像

「鬼滅の刃 じぇっと -参-」定期便就航初便の様子(2022年10月3日、乗りものニュース編集部撮影)。

「鬼滅の刃 じぇっと -参-」担当機は、ボーイング777-200ER国内線仕様機「JA745A」。ANAでは、2021年12月からテレビアニメ『鬼滅の刃』とのタイアップを開始し、2022年1月にコラボ特別デザイン機の1機目を就航させ、2022年3月に2機目を就航。過去の2機はともに国内線仕様機のボーイング767-300(全長54.9m)が担当していましたが、今回新たに就航する3号機はひとまわり大きなボーイング777-200ER(同63.7m)が用いられています。

 機体デザインは「ANAの機体のためだけに描き下ろした、ufotable描き下ろしイラストを使用した」とのこと。通常のANA機では、白地に2色の青のラインが入っていることが一般的ですが、今回の特別塗装機のベースカラーは「全面白」。そこには大きく炭治郎・煉獄・天元が描かれているのが特徴。旅客が乗降する左手最前方のドアには、同アニメの出演声優による直筆サインも描かれています。

 機内の座席ヘッドレストカバーは、炭治郎・禰豆子(ねずこ。正しい表記はネ+爾)が描かれたカラフルな3号機限定のデザインのものを採用。炭治郎・禰豆子・善逸・伊之助の着物や羽織をモチーフに「束ね熨斗」を描き、人と人との繋がりを表現したものといいます。また、3号機限定の炭治郎・煉獄・天元による特別な機内アナウンスも実施。CA(客室乗務員)のエプロンやドリンクサービスの紙コップも、特別デザインのものが用意されています。

【写真】ホントに3機並んでる… 圧巻の鬼滅3号機の門出を徹底追跡(28枚)

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. ウクライナ軍事侵攻があった以上は鶴瓶の家族に乾杯とコラボしとけよ。