押上地区"スカイツリー以外は放置"解消?「東武線高架化」スタートで"南北分断"どう変わる

東武のとうきょうスカイツリー駅周辺で、高架化とともに再開発計画が進められています。スカイツリーはできたけど、周囲は昔ながらの下町――それが今後どうなっていくのでしょうか。

浅草方面のみ 暫定高架化なった今

 東武鉄道の「とうきょうスカイツリー駅」の浅草方面行きホームが、11月27日(日)から、東側へ約150m移設され、新しい駅舎とホームでの営業を開始しました。

Large s

拡大画像

浅草方面ホームが移設開業したとうきょうスカイツリー駅(乗りものニュース編集部撮影)。

 新ホームはスカイツリーの根元に張り付くような位置関係で、既存の駅よりアクセス性が向上する見込みです。暫定開業の現在は「単線高架駅」の独特の雰囲気で、浅草側にて既存ホームと「鼻先を付き合わせる」形で向き合っており、不思議な風景です。

 これは、東京都墨田区が進めている連続立体交差事業に関係するもの。慢性的な渋滞が発生していた桜橋通りの踏切を除却し、混雑を緩和します。まずは浅草方面の線路が、曳舟〜とうきょうスカイツリー間で完全高架化されました。最終的には北千住方面のホームもこちらへ移設され、高架化事業の完了は2024年度を予定しています。

 これまでとうきょうスカイツリー駅周辺の線路は地上に留置線がひろがり、東武線により南北がほぼ分断状態となっていました。線路北側のエリアにとって南側のスカイツリーは「目の前に見えているのに、なかなか真っすぐ行けない」存在。本事業で留置線と本線が丸ごと高架化され、南北エリアはより自由に行き来できるようになります。

テーマ特集「【鉄道計画特集】新路線 新駅 連続立体交差事業 次に開業するのはどこ? 過去にあった「幻の新線計画」は?」へ

【どう変わる?「とうきょうスカイツリー駅」移設先と新ホーム】

最新記事

コメント