“痛勤”はもう過去の話? 東京メトロのダイヤ改正 ラッシュ時も本数減

東西線、もはや混雑路線の汚名返上?

東京メトロ減便&増発

 東京メトロが2023年3月18日にダイヤ改正を実施します。同日に相鉄・東急新横浜線が開業し、副都心線と南北線では相互直通運転が変化しますが、他の線区でも利用状況に合わせた運転本数の見直しが行われます。

Large 221219 metro 01

拡大画像

有楽町線・副都心線17000系電車(画像:東京メトロ)。

●東西線

 平日5時~8時台および10時台の運転本数を変更します。5時台に中野方面行き、6時台、7時台に西船橋方面行きの列車を各1本減。8時台と10時台の西船橋方面行きは、それぞれ1本増となります。

●千代田線

 平日8時台に霞ケ関駅発綾瀬方面行きを1本増発。土休日は6時台に綾瀬方面行きが1本減、7時台に1本増、19時台、20時台は1本ずつ減です。

●有楽町線

 減便が目立ちます。平日11時~16時、土休日10時~17時のあいだは新木場行き、和光市方面行きともに毎時2本減となります。

 平日朝時間帯も、7時台に新木場方面行き2本、和光市方面行き1本、8時台に新木場方面行き・和光市方面行きともに1本ずつ、9時台に新木場方面行き1本がそれぞれ減となります。23時台も和光市方面行き1本が減ります。

●半蔵門線

 平日9時台に押上方面行き1本、23時台に押上方面行き・渋谷方面行きとも1本ずつ減ります。

 このほか、相鉄・東急新横浜線との直通運転も始まる副都心線では、平日朝時間帯のほか、21時~23時台に運転本数の変更があります。後者は減便基調で、23時台には渋谷方面行きが2本、和光市方面行きが3本、それぞれ減ります。

※ ※ ※

 東京メトロではコロナ以降、朝ラッシュの混雑が減少傾向にあります。今回も朝のピーク時間帯で本数減が目立つものの、東西線のように10時台の列車が増えるなど、利用者のピークシフトが一定程度進んでいるのかもしれません。

【了】

テーマ特集「【特集】大変化!?「2023年3月ダイヤ改正」鉄道各社の情報を一気にチェック!」へ

【東西線もけっこう変化】東京メトロダイヤ改正(画像で見る)

最新記事

コメント