6倍になったJR東日本の「協力金」 山田線の震災復旧

震災により運休が続くJR山田線の宮古~釜石間。どのように復旧するのか、JRが当初の6倍となる協力金の支援を表明するなど、地元自治体とのあいだで検討が続けられています。

JR線から三陸鉄道移管にあたっての「協力金」

 2011年3月11日に発生した東日本大震災により、JR東日本の山田線は海沿いを行く宮古~釜石間で運休が続いています。山田線は、岩手県の盛岡と釜石駅を結ぶ157.5kmの路線です。

 この区間の運転再開についてJR東日本は当初、BRTバス高速輸送システム)での仮復旧を提案しました。しかし沿線自治体から理解が得られなかったため、JR東日本は鉄道路線として復旧させた上で、自社が運行するのではなく、第三セクター鉄道の三陸鉄道へ移管することを提案。それにあたってJR東日本は2014年2月、復旧費210億円の7割となる140億円を負担し、人材の支援を行い、10年分の赤字補填となる5億円を援助することを表明します。しかし、沿線自治体との合意には至りませんでした。

 そこでJR東日本は地元の要望を踏まえ、赤字補填などに使われる「協力金」として30億円を支払うことを提示したと2014年11月25日、報道されました。支援額が当初の6倍になった形です。

被災前の宮古駅と山田線の列車。ホームには大漁旗が掲げられている(2008年3月、恵 知仁撮影)。

 山田線の運休区間(宮古~釜石)について、その平均通過人員はJR東日本の資料によると、震災前年度の2009年度は713人/日でした。国鉄からJRへ移行した1987年度は1719人/日であったため、およそ6割も減少していることになります。ちなみにJR東日本でもっとも平均通過人員が多い山手線は、108万888人/日です(2013年度)。

 また山田線全区間(盛岡~宮古~釜石)の2013年度における客運輸収入は、1億5100万円です。対し、JR東日本でもっとも旅客運輸収入が多い東北新幹線は3612億2300万円になっています(2013年度)。

【了】

Writer: 恵 知仁(鉄道ライター)

鉄道ライター、イラストレーター。「鉄道」や「旅」に関する執筆活動や絵本の制作を行っているほか、鉄道車両のデザインにも携わる。子供の頃からの旅鉄&撮り鉄で、日本国内の鉄道はJR・私鉄の全線に乗車済み。完乗駅はJRが稚内で、私鉄が間藤。メインは「鉄道」だが、基本的に「乗りもの」好き。

この記事の写真一覧

  • 20141125_yamada

関連記事

最新記事

コメント