JRが撮り鉄のCMを制作 戸惑う撮り鉄

「撮り鉄」は鉄道会社から良く思われていないといった見方がありますが、その撮り鉄をJR東日本がCMに起用。撮り鉄たちは戸惑っています。

救われた「撮り鉄」

 鉄道の写真を撮ることが好きな「撮り鉄」。近年、一部のマナーが悪い撮り鉄が時折メディアで採り上げられるため、「ちょっと肩身が狭い」(40代男性会社員)思いをしている撮り鉄も少なくありません。

 先日、そんな撮り鉄の世界に衝撃が走りました。テレビCM、しかもJR東日本のテレビCMで「撮り鉄」がテーマになったのです。

 そのCMは、JR東日本の「行くぜ、東北。」という東北方面への観光キャンペーンで作られたもので、福島県会津地方を走る只見線が舞台。女優の木村文乃さんが、東北の自然豊かな風景を行くその列車を撮り鉄たちと一緒に撮影する、というものです。

JR東日本「行くぜ、東北。」CMギャラリー 「只見線 カメラをもって」篇
http://www.jreast.co.jp/ikuze/cm/

「『鉄道会社は撮り鉄を非常に迷惑に思っている、毛嫌いしている』といった方向性の報道がしばしば行われるなか、こうした『撮り鉄』の楽しさがCMに、なんといってもJRのCMになったのは意外でしたし、なにより嬉しかったですね。これで『JRに認めて貰った』というのは正しくないと思いますが、どこか感じていた『引け目』が少し軽くなりました」(30代男性会社員)

 ネガティブな報道が少なくない「撮り鉄」。それがこうして鉄道会社から前向きに採り上げられたいまこそ、そうしたポジティブなイメージを崩さないよう、撮り鉄たち自身がルールの遵守やマナーの向上について考え、行動していくべきなのかもしれません。

この記事の写真一覧

  • 20141206_toritetsu
1 2 3

関連記事

最新記事

コメント