山陽新幹線開業40周年で新大阪~博多間が40年前の価格に 記念特設サイトもオープン

今年、全線開業40周年を迎える山陽新幹線。新大阪~博多間を40年前に山陽新幹線が全通した当時と同じ5610円で乗車できる「記念スーパー早特きっぷ」の発売など、40周年記念で行われるキャンペーンの第1弾が発表されました。記念特設サイトもオープンしています。

新大阪~博多間が5610円

 今年、2015年の新幹線には北陸新幹線の金沢延伸という大きな出来事がありますが、山陽新幹線(新大阪~博多)の全通から40周年という記念の年でもあります。山陽新幹線は1972(昭和47)年3月15日に新大阪~岡山間が、1975(昭和50)年3月10日に岡山~博多間が開業し、全通しました。

山陽新幹線を走った4車両が描かれる40周年記念ロゴマーク(画像提供:JR西日本)。

 これを記念してJR西日本は2015年2月7日から2016年3月9日までの約1年間、「感謝の気持ちを乗せて。山陽新幹線全線開業40周年キャンペーン」を実施。1月22日、その第1弾について内容が発表されました。

 そのひとつが「記念スーパー早特きっぷ」です。2015年3月7日~13日までの利用に限られますが、山陽新幹線の新大阪~博多間に40年前の全線開業当時と同じ5610円で乗車できます。現在、通常だと同区間は15310円なので、9700円も安い形です。

 発売期間は2015年2月7日から2月20日で、出発日の1ヶ月前から21日前まで、JR西日本のネット予約サービス「e5489」で購入可能。「のぞみ」「みずほ」「さくら」などの普通車指定席を利用できますが、席数には限りがあるとのことです。また山陽新幹線と乗り継いで熊本、鹿児島、大分、長崎の各が発着になる場合も、現在発売されている「スーパー早特きっぷ」よりさらに約40%引きとなる特別価格で発売されます。

 このほか、合わせて「山陽新幹線全線開業40周年記念入場券」の発売などもアナウンスされました。

・山陽新幹線全線開業40周年記念入場券の発売。
・40周年情報を満載した特設サイトの開設。
・山陽新幹線の主要駅お土産店舗を中心に「40周年記念コーナー」を展開。
・景品がプレゼントされる「駅弁キャンペーン(仮称)」の実施。
・マフラータオルやマグカップなど記念グッズの発売。
ホテルでのご利用額に応じJ-WESTポイントを還元するなどの「レール&ホテルキャンペーン」の実施。

 山陽新幹線全線開業40周年キャンペーン特設サイト「ありがとう! 40周年記念サイト」はきょう2015年1月22日(木)の14時頃にオープン。その歴史などが楽しめるようになっています。

http://www.sanyo40th.jp/

【了】

Writer: 恵 知仁(鉄道ライター)

鉄道ライター、イラストレーター。「鉄道」や「旅」に関する執筆活動や絵本の制作を行っているほか、鉄道車両のデザインにも携わる。子供の頃からの旅鉄&撮り鉄で、日本国内の鉄道はJR・私鉄の全線に乗車済み。完乗駅はJRが稚内で、私鉄が間藤。メインは「鉄道」だが、基本的に「乗りもの」好き。

この記事の写真一覧

  • 20150122_sanyoushinkansen_01

関連記事

最新記事

コメント