右側通行にする意味とは 日本最長、首都高山手トンネルの安全対策

2015年3月7日(土)、首都高中央環状線の山手トンネルが全通します。道路トンネルとしては、関越自動車道の関越トンネルを抜き、日本最長記録を大幅に更新。それに伴い管制施設が8年振りに一新され、安全対策も強化されています。

日本最長トンネル開通に合わせシステムを一新

 中央環状線・山手トンネルは、すでに開通している「中央環状・新宿線(熊野町JCT~大橋JCT)」と、今回新たに開通する「中央環状・品川線(大橋JCT~大井JCT)」の2ラインで構成されており、品川線の延長分を加えるとトンネル全長は18.2㎞。関越トンネルの約11㎞を更新し道路トンネルとしては日本最長となります。

中央環状・品川線の総工費は約3730億円(画像提供:首都高速道路)。

 新たに開通する品川線は全長約9.4㎞のうち、90%(約8.4㎞)が地中という珍しい道路です。地上道であればスムーズに行く事故・災害時の対応も、トンネル内となれば話は別。トンネル内で起こりえる事故・災害を想定した、設備の充実とミスのないオペレーションが欠かせないことは、説明するまでもありません。

 そこで今回の品川線開通にあわせ、より迅速確実に事故・災害へ対応できるよう、首都高の西エリアを管轄する施設管制システムが8年ぶりに一新されました。最新の設備を持った品川線も含め、山手トンネル全域の電力や照明、換気、排水ポンプといった、約3万2000点の設備を24時間監視・制御します。

 実はこれまで、「設備を監視するシステム」と「防災系のシステム」は独立管理されていたのですが、今回ひとつに統合されました。また最大2火災までだった同時処理機能が、4火災まで処理できるようになっています。

この記事の写真一覧

  • 20150211_yamatetunnel03
  • 20150211_yamatetunnel02
  • 20150211_yamatetunnel01.jpg
1 2 3

関連記事

最新記事

コメント