【今日は何の日?】福岡県の鹿児島本線で「無閉塞運転」による列車追突事故が発生

福岡県の鹿児島本線で「無閉塞運転」による列車追突事故が発生しました。

 2002(平成14)年の2月22日。福岡県の鹿児島本線で「無閉塞運転」による列車追突事故が発生しました。

 列車が赤信号で停止したあと、一定時間経過後に運転士の判断で赤信号の先へ低速で進行。先行列車を見つけた場合は即座に停止する、という運転方法です。これによってトラブルで変わらない赤信号を延々と待ち続ける事態は避けられますが、こうした追突事故が起きやすいため、現在は運転士の判断ではなく指令からの指示を受けて行うよう、改められています。

【了】

この記事の写真一覧

  • 20150222_kagoshima_01

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. その事故の際追突された方の列車の運転台は、門司港の九州鉄道記念館のシミュレーターとして再利用されています。