新型車両はメトロ・東武で仕様共通化を促進 変化を迎える日比谷線

強化される冷房、広がる座席、液晶モニタは3画面

 東京メトロ、東武の両車両とも、快適性向上も大きなポイントです。

Large 150617 hibiyasen 02
東武70000系電車の車内装備イメージ。荷棚の高さも下げられ、利用しやすくされている(画像出典:東京メトロ)。

 冷房能力について、現在の東京メトロ03系は48.8kW、東武20000系は43.6kWですが、新型車両は58.0kWに強化されます。

 座席については03系は430mm、20000系は450mmだった幅が、新型車両は460mmに拡大。クッション性も改良を加えているそうです。また座席の端、乗降ドア側にある仕切りは、立っている人の荷物が座っている人に接触しないよう、大型化されます。

 この座席のうち車端部にあるものは全て優先席になるほか、車いすやベビーカー利用者、荷物の多い旅行客などに配慮し、全車両にフリースペースが用意されます。

 車内の各ドア上部には液晶モニタが設置され、乗換案内などのほかニュースや天気予報などの情報が表示されます。同様の例は近年よく見られますが、多くは2画面以下なのに対し、この新型車両は17インチワイド液晶の車内表示器を3画面、ドア上部に設置しているのが特徴です。

 道路の下を縫うように走る地下鉄は急なカーブも多く、「キーキー」と音がすることも珍しくありません。しかし新型車両は、簡単にいえば車輪が自動的に舵を切る「操舵台車」を採用。走行時の騒音が低減され、この意味でも快適性が向上するといいます。

 また、新型車両の導入で現在と大きく変わる点として、8両編成から7両編成になることも挙げられます。輸送力が減るように思えますが、現在は1両の長さが18mで8両編成。新型車両は1両の長さが20mで7両編成なので、列車全体の長さはほぼ同じです。

【了】

この記事の写真一覧

Writer: 恵 知仁(鉄道ライター)

鉄道ライター、イラストレーター。「鉄道」や「旅」に関する執筆活動や絵本の制作を行っているほか、鉄道車両のデザインにも携わる。子供の頃からの旅鉄&撮り鉄で、日本国内の鉄道はJR・私鉄の全線に乗車済み。完乗駅はJRが稚内で、私鉄が間藤。メインは「鉄道」だが、基本的に「乗りもの」好き。

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. 日比谷線乗り入れ車が7両編成、、、。それに、新型特急車両の500型が3亮、、、。北千住で十両の組成が可能だな、、、(南栗橋や久喜あたりで再分割されそう、、、)