空自も参加 世界最大級の演習「レッドフラッグ・アラスカ」実施 その意味は

空自は「青軍」に参加 「赤軍」と対決

 航空自衛隊は「青軍」として「レッドフラッグ・アラスカ」に参加。各国と共同で航空作戦を行いました。青軍の戦力は以下の通りです。

●航空自衛隊
F-15「イーグル」戦闘機×6
E-767空中警戒管制機×1
C-130「ハーキュリーズ」輸送機×3
KC-767空中給油機×2、

●アメリカ空軍
F-16「ファイティングファルコン」戦闘機×12
A-10「サンダーボルトII」攻撃機×8
F-22「ラプター」戦闘機×12
E-3「セントリー」空中警戒管制機×2
KC-135空中給油機×6
HH-60救難ヘリコプター×2
C-130輸送機×3
C-17「グローブマスターIII」輸送機×2

●アメリカ海軍
EA-18G「グラウラー」電子戦機×4、

●韓国空軍
KF-16戦闘機×6

●オーストラリア空軍
E-7「ウェッジテイル」空中警戒管制機×1
C-130輸送機×2

●タイ空軍
C-130輸送機×1

●ニュージーランド空軍
C-130輸送機×1

Large 150822 redflag 02
アメリカ空軍「第18アグレッサー飛行隊」のF-16C/D「ファイティング・ファルコン」。レッドフラッグ・アラスカでは「赤軍」として空自と戦う(写真出典:アメリカ空軍)。

 この青軍と交戦する、演習の要となる存在が対抗部隊の「赤軍」です。赤軍はアメリカ空軍「第18アグレッサー(仮想敵)飛行隊」に所属する12機のF-16C/Dがつとめ、ロシア製のスホーイSu-27やミグMiG-29戦闘機の戦術を模擬することによって、現実さながらの空戦を再現します。またその塗装もロシア製戦闘機を模したものとなっています。

 アグレッサー飛行隊は非常に優れたパイロットばかりで構成されており、青軍にとっては大変手強い存在です。

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. いい勉強になりました。