リヴァイ兵長、大阪環状線トイレ改良計画リーダーに キレイ好き買われ

「大阪環状線改造プロジェクト」と『進撃の巨人』がコラボし、キャンペーンが実施されます。

大阪環状線の5駅に担当キャラクターを選定

 JR西日本は2015年9月8日(火)、マンガ『進撃の巨人』のキャラクターで、屈指のキレイ好きであるリヴァイ兵長を大阪環状線トイレ改良計画のリーダーに任命。改良工事が完了した大阪環状線5駅のトイレを舞台に、「進撃の巨人展×大阪環状線改造プロジェクト」コラボレーションキャンペーンを実施すると発表しました。

 期間は9月10日(木)から9月30日(水)までで、野田駅をメインに天満駅、森ノ宮駅、芦原橋駅、福島駅の男性用・女性用トイレで実施されます。

150908 osakakanjyo 01
野田駅トイレ入り口で行われる『進撃の巨人』コラボ装飾のイメージ(画像提供:JR西日本)。

 この期間中、JR西日本の近畿エリア各駅にコラボレーションポスターが掲出されるほか、先述の5駅にそれぞれ「担当キャラクター」を選定。大便器全洋式化や温水洗浄便座化など、大阪環状線駅トイレの改良内容について『進撃の巨人』原画を使ったパロディで紹介するといいます。男女トイレのPR内容は、同一駅はほぼ同じとのこと。

 JR西日本グループでは2013年度から「大阪環状線改造プロジェクト」を実施しており、同線のイメージ刷新と満足度向上のため様々な施策を展開。なかでも駅トイレは重点項目で、集中的な改良工事が進められています。

 また「進撃の巨人展 WALL OSAKA」は9月11日(金)から10月18日(日)まで、グランフロント大阪で開催されます。

【了】

この記事の写真一覧

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. 日本の将来が心配☆

  2. 小便器には、エルヴィン団長の『前進せよ』