東京駅社員食堂を一般開放 鉄道祭に合わせ 初のメニューも登場

東京駅社員食堂が、10月10日から3日間限定で一般開放。通常は利用できない場所で“鉄道マン”の味を楽しめます。

社員食堂で人気の唐揚定食も

 JRの車内販売や食堂車営業などを手がける日本レストランエンタプライズ(NRE)が、2015年10月10日(土)から10月12日(月・祝)の3日間限定で、東京駅の社員食堂を一般開放します。

 10月14日の「鉄道の日」を記念し、JR東京駅を中心としたエリアで実施される「東京鉄道祭」に合わせて行われるものです。

150929 nre 01
左上から時計回りに「お子さまオムライス」「当食堂人気の唐揚定食」「懐かしの食堂車のカレー(牛肉コロッケのせ)」「懐かしの駅食堂のハンバーグ定食」(写真出典:NRE)。

 提供されるメニューは4種類限定。一般開放では初となるメニューの、ふわふわとろとろの玉子を使用した「お子さまオムライス」(大人も注文可)、社員食堂で人気の「唐揚定食」、鉄道博物館で人気の「懐かしの食堂車のカレー(牛肉コロッケのせ)」と「懐かしの駅食堂のハンバーグ」です。価格はいずれも600円(税込)。

 営業時間は11時から15時までで、ラストオーダーは14時30分。NREでは「通常は利用できない駅社員食堂でぜひ食事をしてみて下さい」としています。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 正直に並んでるのにも関わらず、「並んでるヤツが確保しました」的な割り込みは止めて欲しいです。事実11:20頃、最後尾にいたプラカード持ちの従業員も対応無しで、既に並んでるヤツに2組が割り込むわで腹が立ち、並んだ列から離れましたわ。その場で「ふざけんな‼」と一喝したかったわ(怒)。