野岩鉄道、12月に全面復旧へ 9月の豪雨で送電鉄塔被害

9月の豪雨で被害を受けた野岩鉄道が12月に全面復旧。東武鉄道、会津鉄道との直通列車も通常ダイヤへ戻ります。

東電の送電鉄塔が傾斜・断線

 2015年11月16日(月)、野岩鉄道(栃木県日光市)は12月11日(金)の始発列車より、通常ダイヤで運転を再開する見通しを明らかにしました。

 今年9月に発生した関東・東北豪雨により東京電力の送電鉄塔が傾斜・断線し、その影響で野岩鉄道は一部区間が停電。上三依塩原温泉口駅(日光市)と会津高原尾瀬口駅(福島県南会津町)のあいだは、直通運転を行っている会津鉄道のディーゼルカーを使った列車のみの運転になり、ダイヤの変更や列車の運休が発生していました。

151116 yagan 01
野岩鉄道経由で東京と福島を結ぶ列車が運転されている(2003年9月、恵 知仁撮影)。

 またその日より野岩鉄道と会津鉄道、東武鉄道との直通運転も再開。野岩鉄道経由で東武鉄道の浅草駅(東京都台東区)方面と会津鉄道の会津田島駅(福島県南会津町)方面を結ぶ列車などが、災害前の状況に戻ります。ただ「お座トロ展望列車『湯めぐり号』」については、12月いっぱいまで野岩鉄道への直通運転を中止し、会津田島駅以北での運転になるとのこと。

 野岩鉄道によると、これらはあくまで現時点における予定であり、復旧作業の進捗によって変更になる場合があるとしています。

【了】

この記事の写真一覧

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 東武日光線の野岩鉄道乗入区間快速が鈍足すぎるのはどうにかなりませんか。