東武東上線「TJライナー」、朝の上りも運転へ 下りは増発

利用者からの好評や要望を受け、東武東上線の座席定員制列車「TJライナー」の運行体制が、2016年春のダイヤ改正から拡充されます。

新たに朝、森林公園発池袋行きを2本運転

 2015年11月5日(木)、東武鉄道は通勤時間帯に着席サービスを提供する座席定員制の列車「TJライナー」を、2016年春のダイヤ改正から増発すると発表しました。

 現在、「TJライナー」は夕方以降の時間帯に池袋発の下り列車として運転されていますが、ダイヤ改正で朝の上り列車でも「TJライナー」の運転が始まります。東武鉄道によると、朝の通勤時間帯に上り「TJライナー」を走らせて欲しいという要望が寄せられていたとのこと。同社は「快適性・速達性の高い『TJライナー』により、都心方面への通勤をより快適なものとし、質の高い輸送サービスを提供してまいります」としています。

東上線の座席定員制列車「TJライナー」に使用される50090型(写真出典:東武鉄道)。

 新たに運転が始まる朝の上り「TJライナー」は森林公園発6時11分、8時18分発の2本で、池袋着はそれぞれ7時05分、9時11分です。途中で東松山、坂戸、川越、ふじみ野に停車しますが、降車は池袋以外できません。

 乗車には410円の着席整理券が必要です。ただし、ふじみ野から乗車する場合、着席整理券は310円になります。使用車両は50090型、定員は450人です。

この記事の写真一覧

1 2

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. TJライナーをロシア語に直すとТЖ Пробеге になる。
    東上線はロシア語でТожо ЛинииなのでТЖと略せば東上線になる。

    けれど、英語がカッコ良いと思われがちだが、英語よりロシア語の方がカッコ良いし、英語の方がカッコ悪いように思えます。
    なので何でも英語に頼るのは止めるべきである。